Wi-Fi

あげぽよ~(死)モバイルワイファイ

モバイルWiFiが遅えなって文句を垂れるヤツが存在意義もないのに存在しているのは分析済みですがアホですねwだってこの頃ではモバイルワイファイなんて速いしギガ放題にもなっています。そんなことも分からずに遅いとかイメージで語るヤツは馬に蹴られて死ぬしかないです。

あげぽよ~(死)、何か今日は言い過ぎだっちゃ、反省しました。

Wifiサービスは今多くのサービスがあります。例えば携帯電話の回線やワイマックス、そしてポケットWifiがあります。ただポケットWifiというものはスマホと同じネット回線であり電波を見てみても同じと確認できるのですが無制限で安かったりします。モバイルワイファイの安価なサービスを探すにはネット回遊をすることが良いと思われます。この頃は新聞などでそういったことを探すのは難しいです。

新聞などではこの頃は高収益なサービスしか取り扱わなく安いものは余り取り扱いません。理由としては高価格のブランド品でないと広告料金が多く入ってこないということが言えそうです。従って安いサービス商品の話は余り掲載されていないのです。モバイルのネット回線で良いのは現在では容量上限無しだと思います。容量制限の短所とは四六時中、上限を気にしないといけないことです。容量を使い切ってしまうと使い物にならないネット速度にされてしばらくそのままだったりその月内はそのままだったりします。使い放題を選ばないのは罰ゲームに近いです。auのモバイル回線で一番良質なのはうーん携帯スマホ回線でしょうね。wimaxなんていうのがありましたが解約したという声が多いです。回線のコミ具合が解消されず制限がありますのでインフラが脆弱なんですよね。貧困用スマホより全然速いですが今どき3日で10GB制限とか客を舐めてるしauはこの回線をどうするつもりなんでしょうか?モバイルワイファイの安全性について議論した結果公衆無線LANはとってもヤバいことが判明しました。公衆的なWi-Fiはタダで利用できますが逆用されて見られたくない秘密の情報を見られたりすることが増えていてクソ野郎達のためのサービスと化しています。

この結果を受けて無料Wi-Fiスポットを善人ヅラをしてやったとしても極悪人に利用されるだけになってしまうので拙者は残念でならないでござるよ。これからは世の中を斜めに見て神や社会を信じることを一切辞めましょう。モバイルのネット回線の今ひとつなところは光回線よりも実は割高なのにネットの繋がり方が悪いことです。品質が悪いのに高いというのはやってられませんね。でも考えてみて下さい、どこでも使えるネット回線というものはまさかのときでも頼りになるので1家庭に1つの回線は持っていおいた方が良いかもしれませんね。モバイルのWi-Fiをマンションで使うのは有りって言えば有りでしょう。固定の高速回線よりもお手軽にネットに繋がれますし通信費もお安くなります。賃貸物件ですと固定のネット回線を断られることがあります。フレッツ回線は大丈夫だがソレ以外はお断りだぜというケースとかオーナーの考え方次第です。さらに他の回線がOKでも設置に時間がかかりますし翌日から使いたいと思っても無理なことが多いです。モバイル回線を比較する意味は今では廃れたように思います。モバイル回線の中身はどのサービスでも同じだったりするのでその回線がどの回線なのかをまずは確認しましょう。そうするとwimaxかdocomo、AU、Softbankの回線であることが分かるでしょう。既存の回線を借り受けた小さな会社がいろんなサービス名で我々にモバイルwifiサービスとして又貸しして金を取っているのが実態であります。モバイル回線の無制限は最近多く出てきました。ですがWiMAX2+とかは実質的に容量制限があって気を付けましょう。そうは言ってもモバイルWiFiで制限を課さないのは厳しいです。今ならクラウドSIMなどの回線が無制限で格安で品質的にも納得できるレベルにあると言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です